日頃の心構え:災害時にはこんなことに注意しましょう

  日頃から行っておきましょう
  災害直前にはこんなことに注意しましょう~台風が近づいている時
  災害時にはこんなことに注意しましょう

 
災害時にはこんなことに注意しましょう
 
 

災害情報に注意しながら早めに避難しましょう

 

<大雨・台風時>

  • 災害情報に注意しながら早めに避難しましょう
  • 大雨の時は、地下街、地下室が浸水してしまうおそれがあります。また、地下街や地下室は、周りの状況にも気づきにくいものです。大雨の時はできるだけ地下をさけるようにしましょう。
  • 災害時の車の避難は、大変危険です。徒歩で避難するようにしましょう。
    洪水時:浸水して動かなくなる。水圧で閉じこめられる。
  • 洪水時は足下が見えず、側溝や小川、池の位置がわかりにくくなってはまってしまう危険性があるので注意しましょう。また、マンホールのふたが開いてはまってしまうこともあるので注意しましょう。
 

 

洪水の中を避難する場合、とくに足元には十分に注意を払いましょう。子どもやお年寄りからは目を離さず、手を引くなどの手助けをしましょう

  • 素足・長靴は禁物。ひもでしめられる運動靴がよい
  • 家族ではぐれないようにお互いの身体をロープで結んで避難する
  • 歩ける深さは男性で約70cm、女性で約60cmが目安です。腰まで水深があるようなら無理に避難せず高所で救援を待つ
  • 水面下にはどんな危険があるかわかりません。長い棒を杖がわりにして安全確保をしながら歩く
  • お年寄りや病人などは手を引いたり、背負ったりする
  • 幼児やお年寄りには浮き輪を渡す

図1

 
 

<地震時>

  • 海辺で揺れを感じたら津波に襲われる危険性があります。すぐに高台に避難しょう。
  • 災害時の車の避難は、大変危険です。徒歩で避難するようにしましょう。
    地震時:瓦礫などで思うように避難できない。渋滞になる。→立ち往生して緊急車両の通行の妨げになる
  • 地震時の避難には、電気のブレーカーを落としガスの元栓を切って、家を出ましょう。また、落下物、切れた電線に注意しましょう。
 

 

屋内にいた場合
地震発生時に屋内にいたときは、安全を確保するために、自分から進んで防災活動を行いましょう。

  • 机などの下にもぐり,身の安全を確保する

 揺れがおさまったら

  • あわてて屋外に飛び出さないようにする
  • ガスコンロやストーブの火を消す
  • 脱出口を確保するため,ドアや窓を開ける
  • 避難にはエレベータを使用しない

図2

 
 

 

外出先にいた場合
地震が発生すると、かわらや窓ガラスが落下してきたり、ブロック塀が倒れてきたりします。かばんや本などで頭を保護し、丈夫そうなビルや広い公園などが近くにある場合は一時避難して様子をみましょう。

  • デパートなどにいた場合は係りの人の言うことを聞いて避難する
  • 地下街では60m間隔内で出口があり、停電になっても誘導灯がつくので、落ち着いて係りの人の言うことを聞く
  • 映画館の場合は、シートの間に身を伏せて係りの人の誘導を待つ
  • 駅のホームにいた場合は、頭を保護して柱や壁に身を寄せる
  • ホームから落ちた場合は、助けを求めて引き上げてもらうか、揺れがおさまるまで線路とホームの間にうつぶせになる

    図3

 
 
 

 

遠い場所からの帰宅
家から遠い所へ通学・通勤している人は、交通規制などで帰宅がむずかしくなる場合があります。「自分の身は自分で守る」を基本とし、普段から十分な備えを行い、身の安全を一番に考えながら帰宅しましょう。

  • まずはあわてず、さわがず落ち着こう
  • 携帯ラジオをポケットにいれて正しい情報を入手
  • チョコやキャラメルなどを用意しておく
  • 帰宅する場合は家族や友達に道順を教えておきましょう

    図4

 

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.