災害に備えて:土砂災害とは

 
土砂災害

 

梅雨時期、台風時期などの雨が多く降る時や地震が起きた時などに、土石流・がけ崩れ・地すべりなどの土砂災害が各地で発生しています。

土砂災害から身を守るために、どんな場所が危険であるかを知り、未然に災害に備えるようにしましょう。

 

土石流とは

 
 

土石流

山腹や川底の石や土砂が、長雨や集中豪雨などの大量の水といっしょになって津波のように襲ってくるものを「土石流」といいます。

 
 

「土石流」の先頭の部分は、大きな石や岩、流木などが集まって小山のようにもり上がっています。その速さは時速20キロメートルから70キロメートルと、自動車並みのスピードです。なかにはゾウの数倍もある大きな岩がまじったものもあり、すさまじい勢いで、あっという間に家や田畑をつぶし、押し流してしまいます。

 
  こんな所が危険です
 
  • 谷川に大きな石がゴロゴロあるところ
  • 裏山に急な谷川があるところ
  • 過去に谷を流れた土石流が谷の出口のところに堆積してできた扇状地のところ
 
  こんな前ぶれに注意
 
  • 山鳴りや、立ち木の裂ける音、石のぶつかりあう音が聞こえる
  • 雨が降り続いているのに川の水位が下がる(土砂により上流で流れがせき止められている)
  • 川の水が急に濁ったり、流木が混ざりはじめる
 
 

がけ崩れとは

 
 

がけ崩れ

「がけ崩れ」は、斜面が突然崩れ落ちる災害です。崩れた土砂は、斜面の高さの2~3倍も離れた所まで届くことがあります。

 
 

「がけ崩れ」は、地震や大雨や長雨で地面に水がしみこんで起きますが、地すべりと違うところは、前ぶれがあまりなく、突然起きること、スピードが速いことなどです。家の近くで起こると家が壊されたり、逃げ遅れると大切な命が失われたりします。危ないと感じたら、できるだけ早く避難することが大切です。

 
  こんな所が危険です
 
  • がけにひび割れが発生しているところ
  • がけの上部がせり出しているところ
  • 急ながけで高いところ
  • がけから水が噴出したり、がけの表面を水が流れているところ
 
  こんな前ぶれに注意
 
  • がけに亀裂が入る
  • がけからの水が濁る
  • がけから小石がパラパラ落ちてくる
  • がけから木の根が切れる音がする
 
 

地すべりとは

 
 

地すべり

地面は固さや性質が違う土や石がいくつもの層になって、積み重なってできています。地下水が粘土のような、すべりやすい層にしみ込み、そこから上の地層がすべり落ちるのが「地すべり」です。

 
 

「地すべり」の動きは、ふだんは1日数ミリメートルとゆっくりですが、突然スピードが増すことがあります。広い範囲で地面がすべり、押し出された土砂や地面の移動によって、家や道路が壊されたりします。

 
  こんな所が危険です
 
  • 地面に段差や亀裂があるところ
  • 樹木や電柱が傾いているところ
 
  こんな前ぶれに注意
 
  • 水面や井戸の水が濁る
  • 地面にひび割れができる
  • 斜面から水が噴出す
  • 家や擁壁に亀裂が入る
  • 家や擁壁、樹木や電柱が傾く
  • 地すべりは、雨のほか、地震によって引き起こされる場合があります

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.