災害に備えて:地震・津波災害とは

pin  
地震のメカニズム
 
 

広島県に影響を及ぼす地震には以下の3タイプがあります。

 
 

スラブ内地震

 

図1

沈み込んだフィリピン海プレート内部で発生する地震です。(やや深い地震)

 
  被害を及ぼした主な地震
 
  • 平成13年(2001年)芸予地震
  • 昭和24年(1949年)安芸灘
  • 明治38年(1905年)芸予地震
  • 安政4年(1857年)安芸灘・伊予灘
  • 貞亨2年(1686年)安芸灘・伊予灘
  • 慶安2年(1649年)安芸灘・伊予灘
 
 

海溝型地震

 

図2

フィリピン海プレートの沈み込みによるプレート間で発生する地震です。

 
 

南海トラフにおける比較的軟質の岩盤の大規模断層によって発生する地震であるため、周期の長い揺れが非常に長く続きます。そのため、軟弱地盤の液状化被害や高層ビルの被害が多発すると考えられる。また、海底下の浅いところを震源とするため、大規模な津波の発生を伴います。

国の専門調査会によると、二つの地震が同時発生の可能性があり、その場合は東海~九州にわたる広い範囲で揺れと津波の被害が予測されます。過去には、これに東海地震が連動して発生した記録もあります。広島県への直接的な被害は他地域と比べると軽微ですが、間接的な影響は甚大であると考えられています。
 
  被害を及ぼした主な地震
 
  • 昭和21年(1946年)南海地震
  • 安政1年(1854年)安政南海地震
  • 宝永4年(1707年)宝永地震
 
 

活断層型地震

 

図3

陸域の浅いところで発生する地震です(深さ約20km以浅)

 
 

深さ20km未満のやや硬質の岩盤の比較的小規模の断層によって発生する地震のため、揺れの時間は短く、断層の破壊方向に大きなゆれが観測されます。断層近傍で非常に大きな震度を記録し、甚大な被害を与えます。特に、地表に断層が生じるほど浅い地震が都市部直下で発生した場合、阪神・淡路大地震のように破滅的な打撃を与えます。

 
  被害を及ぼした主な地震
 
  • 平成12年(2000年)鳥取県西部地震
  • 平成7年(1995年)兵庫県南部地震
  • 明治5年(1872年)浜田地震
 
 
津波発生のメカニズム
 

津波は以下のようなメカニズムで発生します。

 
 
図4
海のプレートが陸のプレートの方へ移動し、その下へ滑り込んで行きます。
 
図5
陸のプレートの先端部が海のプレートにより引きずり込まれます。
 
図6
陸のプレートの先端部に、ひずみが蓄積されます。
 
図7
ひずみが限界に達すると陸のプレートの先端部が跳ね返り、大きな振動が海面を押し上げます。
押し上げられた海面は津波となり、四方八方へ広がります。

 

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.