過去の災害について

1945年(昭和20年)9月17日 枕崎台風

災害種別 土砂災害水害災害
 
 

概要

 
 

枕崎台風は、昭和20年9月17日に九州南部の枕崎付近に上陸し、四国地方、近畿地方を経て能登半島の西側から日本海に抜け、新潟の北から東北地方に再上陸して、太平洋に抜けました。この台風の、枕崎上陸時の気圧916mbは日本の観測史上2位に相当し、非常に強い台風でした。また、台風襲来前から前線の影響で連日降雨があり、加えてこの台風による大雨があったため、堤防決壊、土石流などが発生しました。この台風による死者総数は県全体で2,012名に上りました。

 
 
被害種別 数量 被害種別 数量
死者 1229人 床上浸水 24168戸
傷者 1054人 床下浸水 28358戸
行方不明者 783人 橋梁流失 1096箇所
家屋全壊 2127戸 道路損壊 1135箇所
家屋半壊 3375戸 堤防決壊 1252箇所
家屋流失 1330戸    
 
 

気象状況

 
 

台風経路図

枕崎台風は、昭和20年9月12日10時、マリアナ諸島の北緯13度、東経148度付近で存在が確認され、その後西から北西へ、北西から北へと進み、ラサ島や沖縄付近を通り、17日の14時35分頃九州南端に当たる枕崎付近に上陸しました。その後は、九州を横断、佐田岬、伊予灘、広島を襲い、米子、松江を荒らして18日朝、能登半島の西側から日本海に抜け、新潟の北から東北地方へ再上陸して太平洋に抜けました。非常に強い大型台風で全国にわたって20m/s以上の暴風雨が吹走しました。

 
 

枕崎台風の特性として、広島地方は、9月初旬より梅雨のように雨が降り続いていたところに台風による雨が加わったことと、台風が主副台風に別れたことが挙げられます。

広島の、最大風速は18日2時10分に30.2m/s、瞬間最大風速18日2時5分の45.3m/sと九州地方のそれと比較しても大きくはありませんが、被害は多大でした。

広島の台風による雨は16日4時42分から降り始め、17日23時15分に降り止むまでの総降水量は218.7mmで、17日1日間の降雨量は、195.5mmです。

雨が最も強かったのは17日21時7分から22時7分までで57.1mmでした。

特に被害のひどかった呉地方では、16日9時頃より雨が降り始め、16時頃本格的な降り方となりました。17日の午後になると雨、風とともに強さを増し、18時より22時に至る4時間で113.3mmに達しました。
 
 

災害の状況

 
 

二河公園にて埋没したせる市営バス

二河公園にて埋没したせる市営バス
(建設省河川局治水課長伊藤剛氏撮影)

 
 

黒瀬川の氾濫

黒瀬川の氾濫
左側の田畑は右側の田畑に積いていたものである。
(建設省河川局治水課長伊藤剛氏撮影)

 
 

丸石川大野陸軍病院用患者自動車埋没

丸石川 大野陸軍病院用患者自動車埋没
(国鉄山陽線跡)

 
 

大野陸軍病院東一号病棟及び門衛

大野陸軍病院東一号病棟及び門衛

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.