過去の災害について

1991年(平成3年)9月27日 台風19号

災害種別 土砂災害水害災害高潮災害
 
 

概要

 
 

平成3年9月27日に広島県を襲った台風19号は、広島市での最大瞬間風速が広島地方気象台観測史上第1位の58.9m/sを記録するなど、風が非常に強く、雨をあまり伴わない風台風でした。

この台風による強風と高潮は、沿岸・島しょ部を中心として、県内全域にわたって甚大な被害をもたらしました。この災害の人的被害は、飛来物による被災等で6名が死亡し、49名が重軽傷を負いました。また、住家については、強風による破損や高潮による浸水で、全壊50棟、半壊442棟、一部損壊22,661棟、床上浸水3,005棟、床下浸水9,162棟にも及びました。

さらに、強風による電線の切断等により、県内の配電戸数の66%にあたる96万戸で停電し、生活に多大な支障をきたしました。
 
 
被害種別 数量 被害種別 数量
死者 6人 床上浸水 3005戸
傷者 49人 床下浸水 9162戸
家屋全壊 50戸 橋梁流失 2箇所
家屋半壊 442戸 道路損壊 160箇所
家屋流失 22661戸    
 
 

気象状況

 
 

台風19号の経路図

 
台風19号の経路図

マーシャル諸島付近にあった熱帯低気圧は、9月16日午前9時台風19号となり、概ね北緯15度線に沿って発達しながら西に進み、22日頃フィリィピン諸島の東海上で中心気圧925mbと大型で非常に強い台風となり向きを北西に変えました。沖縄の南西海上で進路を北から北東に変え、26日12時頃石垣島付近を通過後、加速しながらほぼそのまま東シナ海を北北東に進みました。

 
 

27日16時過ぎに長崎県の佐世保市に上陸、大型で非常に強い勢力を保ったまま19時には山口県荻市付近を65km/hの速い速度で通過、21時には70km/hに加速して島根県尊顔沿いに進み、23時には隠岐島の北北東約50kmの海上をさらに80km/hに加速して28日朝には北海道方面へ進みました。28日午前8時前に大型で強い勢力で北海道渡島半島に再上陸し、10時過ぎにはオホーツク海南部に進みました。同日15時には千島近海で温帯低気圧に変わりました。

広島では、台風が九州西部に接近し、佐世保市に上陸した16時~17時まで風速7~9m/sでしたが、17時30分頃から風向きは南東に変わり10m/sを超えるようになりました。

台風が山口県西部にさしかかる18時過ぎから風は急速に強まり、18時40分には風向きは南に変わり20m/sを超える暴風雨となりました。

台風が再接近した19時13分、広島では最大瞬間風速58.9m/s、20時10分に最大風速、南36.0m/sを観測し、いずれも観測開始以来の第1位となったのをはじめ、中国地方では多くの観測地点で極値を更新しました。

広島県では21時20分まで20m/sを超える非常に強い南西風が吹き、台風が島根県東部を通過する頃から西よりの風に変わり、22時過ぎには15m/sと弱まりました。

風速が10m/sを超えるようになった27日17時過ぎから潮位偏差が大きくなり、潮位は20時30分に注意報基準(T.P.+210cm)を、21時30分に警戒基準(TP+250cm)を超えました。

22時45分に最大潮位T.P.+296cm(偏差144cm)を記録しました。

県内全般に降り出したのは27日15時頃からで、台風が山陰西部沿岸を通過する頃県北西部で1時間に30mm以上の強い雨が降りました。その後は28日明け方まで所々で弱い雨が降りました。

総雨量の多い所では八幡で182mmと県北西部では100mmを超えた所がありましたが、その他の地域は少なく、特に沿岸部では10mm以下のところが多くみられた。
 
 

被災時の状況

 
 

高潮により損壊した道路と護岸

高潮により損壊した道路と護岸(広島市西区草津漁港)

 
 

暴風と高潮により損壊した厳島神社

暴風と高潮により損壊した厳島神社(佐伯郡宮島町)

 
 

灯ろうが倒された厳島神社の国宝・平舞台

灯ろうが倒された厳島神社の国宝・平舞台(佐伯郡宮島町)

 
 

強風により落果した豊水梨

強風により落果した豊水梨(世羅郡世羅町)

 
 
杉林が倒壊し通行不能となった県道五日市筒賀線
杉林が倒壊し通行不能となった県道五日市筒賀線(山県群南筒賀村)(中国新聞社提供)

 

強風により倒壊したビニールハウス
強風により倒壊したビニールハウス(安芸郡倉橋町)
 
強風により倒れた電柱が民家を直撃
強風により倒れた電柱が民家を直撃(広島市安佐南区)(中国新聞社提供)

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.