過去の災害について

2000年(平成12年)10月6日 鳥取県西部地震

災害種別 地震災害
 
 

概要

 
 

鳥取県西部地震は、平成12年10月6日に発生しました。地震の規模をあらわすマグニチュードは7.3で、広島県では強いところで震度4を観測しました。この地震により、広島県内では住家6棟が一部破損しました。

 
 

地震の発生状況

 
 

鳥取県西部地震は、北緯35度16.5分、東経133度20.9分を震源地とし、深さ9km、マグニチュード7.3の活断層型の地震でした。

震源近傍では震度6弱~6強の強い揺れを観測し、鳥取県を中心に負傷者182名、住家は全壊435棟、半壊3,101棟、一部損壊18,544棟等の被害を出しました。また、延べ17,402戸が停電し、各地で断水被害なども発生しました。
 
 

被災時の状況

 
 

資料なし

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.