過去の災害について

2001年(平成13年)3月24日 安芸灘地震(芸予地震)

災害種別 土砂災害地震災害津波災害
 
 

概要

 
 

芸予地震は、平成13年3月24日に発生しました。地震の規模をあらわすマグニチュードは6.7で、広島県では強いところで震度6弱を記録しました。この地震により、死者1名、重軽傷者193名、住家の被害は、全壊65棟、半壊688棟、一部損壊36,545棟の被害が発生しました。気象庁は、この地震を平成13年(2001年)芸予地震」と命名しました。

 
 

地震の発生状況

 

平成13年3月24日15時28分、安芸灘(北緯34度1分、東経132度7分、深さ51km)を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。

余震活動は、3月26日5時41分頃、安芸灘(北緯34度1分、東経132度7分、深さ49km)を震源とするマグニチュード5.0の最大余震(最大震度5強(河内町))を含み3月末までに27回の有感余震が発生しましたが、その後は余震回数も時間と共に徐々に減衰していき、4月に6回、5月に3回、6月に1回、8月に1回、11月に2回の有感余震を観測しました。

 

 

被災時の状況

 

資料なし

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.