過去の災害について

2004年(平成16年)8月30日から8月31日 台風第16号

 

概要

 
   平成16年8月30日から31日にかけて広島県を襲った台風第16号は,南部を中心に激しい雨を降らせ,また,沿岸部を中心に南よりの強風が吹き,県東部の沿岸を中心に高潮被害を引き起こしました。
 この台風により,大竹では18時までの1時間に51mmを記録するなど,南部で激しい雨を観測しました。さらに,台風の接近に伴い,南部では竹原で18m/sを記録するなど強風が吹き,さらに台風の接近と各地の満潮時刻が重なったため,東部沿岸部を中心に高潮による被害が多数発生しました。
 具体的には,この台風による人的被害は負傷者は9名で,さらに,年間を通じて最も潮位が高い時期の満潮時と台風の襲来が重なったことから,沿岸・島嶼部では約7千棟が床上・床下浸水するなど,甚大な被害となりました。
 
 
被害種別 数量 被害種別 数量
死者 床上浸水 1,379棟
負傷者 9人 床下浸水 5,799棟
家屋全壊 1棟 橋梁流失 箇所
家屋半壊 4棟 道路損壊  61箇所
家屋流失    
 
 

気象状況

 
 
 8月19日21時にマーシャル諸島付近で発生した台風第16号は,発達しながら当初は西進し,マリアナ諸島付近に達した23日には進路を北西に変えました。台風は24日15時には南鳥島の東海上に達し,中心気圧は910hPa,中心付近の最大風速は55m/sと大型で猛烈な台風に発達(最盛期)しました。台風はその後,九州南海上の北緯30度線を越えた頃から進路を次第に北東に変え,30日09時半頃には中心気圧950hPa,中心付近の最大風速40m/sの大型で強い勢力を保ったまま鹿児島県串木野市付近に上陸し,九州を縦断して30日17時過ぎに山口県防府市付近に再上陸しました。その後,台風は中国地方を時速40kmで北東進し,21時過ぎには鳥取県から日本海に抜けて加速し,31日昼過ぎに北海道を縦断して,31日夜にオホーツク海で温帯低気圧に変わりました。
 台風が広島市付近を通過した30日19時の勢力は中心気圧が970hPa,中心付近の最大風速35m/sでありました。この台風の影響で四国を中心に日降水量が400mmを越える大雨や最大瞬間風速が50m/sを越える暴風となりました。また,瀬戸内海沿岸では平常より10cm前後潮位の高い異常潮に加え,年間で最も潮位の高い夏季の大潮期間の満潮時刻と台風の接近時刻が重なったため各地で高潮被害が発生しました。
 広島県では台風が接近した30日宵のうちにかけ,南部を中心に1時間30mm以上の激しい雨が降り,30日の降水量は芸北,広島・呉の山口県寄りで150mm前後,福山・尾三で100mm前後に達しました。
 また,沿岸部を中心に南よりの強風が吹き,県東部の沿岸を中心に高潮被害が多数発生しました。
 
 

平成16年台風第16号の経路図

  平成16年台風第16号の経路図 

   

住家被害(竹原市)

   住家被害(竹原市)
   
   町内の冠水状況(豊田郡豊町御手洗港)
   町内の冠水状況(豊田郡豊町御手洗港

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.