日頃の心構え:台風(進路予想、暴風域に入る確率)

用語集 : 台風(進路予想、暴風域に入る確率)


台風とは

 赤道近くでできる「熱帯低気圧」の中で、中心付近の風が強い(最大風速17.2m/s以上)ものを「台風」と呼びます。

 台風は、通常東風が吹いている低緯度では西へ移動しながら北上し、上空で強い西風(偏西風)が吹いている中・高緯度では、速い速度で北東へ進みます。ただし台風の進路は、そのときの気圧配置などにも影響を受けるため、様々なコースをたどります。

台風図 台風は、水蒸気を多く含んだ雲が集まって回転しています。また、その水蒸気をエネルギーとして発達しているため、一般的に暖かい海域では台風は発達します。一方、日本付近に接近すると、寒気が流れ込み十分なエネルギーが供給できなくなり、台風の勢力は弱まります。
 台風が広島県の近くを通過するときには、まだ十分な勢力を保持していることが多く、十分な注意が必要です。

 

台風の大きさと強さ

 台風のおおよその勢力を示す目安として,下表のように台風の「大きさ」と「強さ」 を表現します。 「大きさ」は「強風域(平均風速15m/s以上の強い風が吹いている範囲)」の半径で, 台風の「強さ」は「最大風速」で区分しています。

さらに,強風域の内側で平均風速25m/s以上の風が吹いている範囲を暴風域と呼びます。

「強さ」の階級分け

階級 中心付近の最大風速
強い 33(m/s)以上~44(m/s)未満
非常に強い 44(m/s)以上~54(m/s)未満
猛烈な 54(m/s)以上

「大きさ」の階級分け

階級 風速15(m/s)以上の半径
大型(大きい) 500(km)以上~800(km)未満
超大型(非常に大きい) 800(km)以上

大型、超大型の台風それぞれの大きさは,日本列島の大きさと比較すると以下のようになります。

台風と日本列島の比較図 台風に関する情報の中では台風の大きさと強さを組み合わせて,「大型で強い台風」のように呼びます。例えば「強い台風」と発表している場合、その台風は、強風域の半径が500km未満で,中心付近の最大風速は33~43m/sあって暴風域を伴っていることを表します。
 なお,天気図上では,暴風域を円形で示します。この円内は暴風の危険性が非常に高い範囲です。

 

台風に伴う風の特性

 台風は巨大な空気の渦巻きになっており,地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。そのため,進行方向に向かって右の半円では,台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。逆に左の半円では台風自身の風が逆になるので,右の半円に比べると風速がいくぶん小さくなります。

 下図は過去の台風の地上での風速分布を右半円と左半円に分けて示した図です。進行方向に向かって右の半円の方が風が強いことが分かります。しかし、台風の西側でも30(m/s)の風が吹くこともあり十分に注意が必要です。

風速分布図

台風に伴う雨の特性

 台風は積乱雲が集まったもので,暴風を伴い雨を広い範囲に長時間にわたって降らせます。

台風の形成図  台風は,左の図のように台風の周りに渦を巻くようにいくつかの降雨帯で形成されています。
 垂直に発達した積乱雲が眼の周りを壁のように取り巻いており,そこでは猛烈な暴風雨となっています。(眼の壁)
 この眼の壁のすぐ外は濃密な積乱雲が占めており,激しい雨が連続的に降っています。(内側降雨帯)
 さらに外側の200~600kmのところには帯状の降雨帯があり,連続的に激しいにわか雨が降ったり,ときには竜巻が発生することもあります。(外側降雨帯)

 

大雨の影響

レーダーエコー合成図
レーダーエコー合成図
 台風がもたらす雨は大量の雨が短期間(数時間から数日)のうちに広い範囲に降るため,河川が増水したり堤防が決壊したりして水害(浸水や洪水)が起こることがあります。河川浸水想定区域図(ハザードマップ)を利用して、水害が発生する可能性のある箇所については調べておきましょう。
 また,雨により山やがけが崩れたり,土石流の発生などの土砂災害も起こりやすくなります。雨による土砂災害の犠牲者が自然災害による死者数(地震・津波を除く)の中で大きな割合を占めるようになってきました。土砂災害危険区域図(ハザードマップ)を利用して、土砂災害危険箇所についても把握しておきましょう。

 

高潮と潮汐

 海面は月や太陽の引力によりほぼ1日に1~2回の割合で周期的に満潮と干潮を繰り返しています。そのため海面の高さ(潮位)を前もって計算しておくことができます。計算によって求められた潮位のことを推算潮位もしくは天文潮位と呼びます。

 しかし,台風に伴う風が沖から海岸に向かって吹くと,海水は海岸に吹き寄せられて「吹き寄せ効果」と呼ばれる海岸付近の海面の上昇が起こります。この場合,吹き寄せによる海面上昇は風速の2乗に比例し,風速が2倍になれば海面上昇は4倍になります。特にV字形の湾の場合は奥ほど狭まる地形が海面上昇を助長させるように働き,湾の奥ではさらに海面が高くなります。

 また,台風が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がります。これを「吸い上げ効果」といい,外洋では気圧が1hPa低いと海面は約1cm上昇するといわれています。例えばそれまで1,000hPaだったところへ中心気圧が950hPaの台風が来れば,台風の中心付近では海面は約50cm高くなり,そのまわりでも気圧に応じて海面は高くなります。

 このようにして起こる海面の上昇を高潮と呼び,推算潮位との差を潮位偏差(実際の潮位=推算潮位+潮位偏差)と呼びます。
 また、 大潮(新月または満月の頃で,満潮時の推算潮位は最も高くなり,逆に干潮時の推算潮位は最も低くなる)の満潮時に台風の接近による高潮が重なると、被害が起こる可能性が高くなる可能性があるので注意が必要です。しかし、高潮の被害は満潮時以外にも発生していますので、台風が接近しているときの広島県の島部、沿岸部の方は十分に注意してください。広島県防災Webでは、広島県内13カ所の観測潮位(実際に観測した潮位)を公開していますので、台風接近時にはあわせて活用してください。

高潮と台風の進路

 台風に吹き込む風は反時計回りで,ふつうは進行方向に対して右側で強くなっています。そのため,南に開いた湾の場合は台風が西側を北上した場合には南風が吹き続け高潮が起こります。さらに暴風によって発生した高い波も沖から押し寄せますので,高潮に高波が加わって海面は一層高くなります。実際,過去50年間に潮位偏差が1m以上となった高潮はほとんどが東京湾,伊勢湾,大阪湾,瀬戸内海,有明海の遠浅で南に開いた湾で発生しています。

 台風の気圧や風の強さからどのくらいの潮位偏差となるかを予測することは可能です。推算潮位や満潮の時刻も計算されていますので,計算から求まる潮位偏差予測値と推算潮位を合算して被害が発生する可能性が判断できます。その結果は情報や高潮注意報(潮位がTP2.1mを超えると予想されるとき),警報(潮位がTP2.5mを超えると予想されるとき)として発表しています。

※ TPとは、明治6年~12年の6年間、東京霊岸島で観測された結果を元に定められた日本の標高の基準面のことで、東京湾平均海面(Tokyo peil)ともいいます。

台風情報の種類と表現方法

図

 ここで示している暴風域とは,平均風速でおおむね25m/s以上の暴風が吹いていると考えられる範囲です。この円内は,いつ暴風が吹いてもおかしくない範囲です。実線(赤色)の円で表示します。また、平均風速15m/s以上の強風が吹いていると考えられる範囲は、実線(黄色)の円で表示します。

 予報円は,台風の中心が70%の確率で到達すると予想される範囲を破線の円で示しています。また、予報円の外側には、暴風警戒域を示し、台風の中心が予報円内に進んだ場合に暴風域に入るおそれのある範囲を示します。

 また、気象区分ごとに(広島県では5地区)に分けた地域毎に「暴風域に入る確率」を発表しています。3時間ごとに48時間後まで、暴風域に入る確率を提供します。値の増加が最も大きな時間帯に暴風域に入る可能性が高く、確率値の減少が最も大きな時間帯に暴風域から抜ける可能性が高くなります。確率の数値の大小よりも、むしろ変化傾向やピークの時間帯に注目して利用してください。 

前のページへ戻る


Copyright (C) Hiroshima Pref. All Rights Reserved.